タイトルで勝負!
パソコンに携帯電話と、今では小学生でも何らかの通信機器を持ち歩く時代になりました。その時代の流れの中で、メールマガジンの重要性が高まったのは必然と言えるかもしれません。安価で大量に一斉送信できるメルマガは、工夫次第ではダイレクトメールを凌ぐ広告効果をもたらします。しかし、どんなに内容の詰まったメルマガでも、読んでもらえなければ意味がありません。メルマガの普及は、逆に受信者にとって煩わしい存在になりかねないのです。受信者にメルマガを開いてもらう最初で最大の勝負が、メルマガのタイトルです。

タイトルのコツ
たかがワンフレーズと侮ってはいけません。メルマガのタイトルは、そのメールの顔であり第一印象なのです。例えば、自分とは関係のなさそうなメールばかり届いたらどうでしょう。次第に煩わしくなり、マイナスイメージを抱いてしまうかもしれません。逆に「このメールを受信された方限定!」と書かれていたらどうでしょう。前者の物より、気持ちが引かれるのではないでしょうか。メルマガのタイトルには、ほんの20文字前後しか盛り込めません。その限られた文字数の中で、どれだけ受信者の心を引き寄せられるか。そのためのノウハウは確かに存在するのです。

受信者の存在を意識する
他にも「新鮮味のある情報を載せる」「受信者にメリットが伝わるようにする」など、メルマガのタイトルのコツはいくつもあります。しかし、忘れてはならないのが受信者の存在です。ボタン一つで大量に送信できるメルマガですが、その受信者は一人一人の人間です。機能性に優れたメルマガですが、その反面、モラルや人の温かみに欠けることも多々あります。メルマガが最大の効果を発揮できるように、受け取る人のことを意識したメルマガ配信を心掛けましょう。