メルマガは興味のある先から届くが

メルマガは自分が登録している相手から配信されるメール記事を受け取るもので、読者はその相手のファンだったり、団体の利用者だったりします。料金は無料の場合や月額の場合があり、毎月料金を払ってでも記事を読む人がいるということです。
だから基本的に記事の書き手に興味がある、好きだからという理由で配信を受けるのですが、それでも途中で購読を止めてしまうこともあります。メルマガにうんざりしてしまうからです。

うんざりするメルマガ

まず文章の粗さや妙な改行があると文章を読む気が起きなくなってしまいますが、他にもやたらと広告を入れるのも読む気がなくなってしまいます。ただ邪魔なだけでなく、書き手が儲けたいという思いが全面に出ることが嫌になるから読むのを止めるのです。
こういったうんざりするメルマガにならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

読者に信頼される

一番大切なことは読者に信頼されることです。そのためには文章の書き方を考えることは当然ですし、内容は更に磨き上げないといけません。有名人であればその知名度だけで読者を確保できますが、他の人は記事の内容で勝負するしかありません。
その勝負を避けて、広告で収入を得る方法もあります。しかし広告に関してはクライアントが確保できるかどうかが重要で、確保できない場合は収入も得られなくなってしまいます。
だからやはり記事の中身をどうにかした方が良いでしょう。
有料版を配信している方は無料版も配信していると思いますが、このどちらの記事の質を落としてはいけません。
自分が読む側になると分かると思いますが、無料版だからと手を抜くと有料版に登録する気になりませんし、有料版の記事の質も見えてしまう気がします。
だから読者に信頼されるには、やはり記事の内容を高めることが必要だということです。