メールマガジンは最盛期を終え、今や多くの人がメルマガの存在を知っているかと思います。しかしメルマガ配信をされているけど開かない、という方も多くなってきているのではないでしょうか。ほぼ同じ内容でも多くの人に見てもらえるのであれば、誰かは興味を持ってくれるかもしれない、そうして自社の認知度が上がっていく、というのがメルマガの目指す一つの集客法であるとも思います。しかし、メルマガを開いて内を見てもらわなければ、その先にはつながりません。そういって情報の中身を大きく変えてしまうのは大きな労力を伴いますし、自社の行いたい広告の内容と違ってしまっては意味がありません。しかし、情報の中身を変えることなく、メルマガを見てもらえる確率が上がる方法があります。今回はそれを紹介しましょう。

興味爆上げ?!タイトル変更
中身を変えずに興味を引く方法、それはずばりタイトルです。タイトルをちょっと変えるだけで周りの動きは変わります。丁寧でわかりやすいタイトル、というのもスタンダードで必要なものですが、多くの人はちょっと変わったもの、もしくは同じ内容でもちょっと変わった言い回しに興味を引かれるものです。多くの人の一斉配信されるメルマガだからこそ、ちょっとの工夫で、後々の大きな利益につなげることができるはずです。

タイトルの極意?
では人の興味を引くにはどんなタイトルがいいのでしょうか?それは端的、かつ分かりやすいことです。先にわかりやすいのは悪くないけど、と書きましたがここのポイントは「端的」かつ「わかりやすい」です。例えば「きれいになりたい人のための10分でできる健康法」というタイトルよりも「誰でもカンタン!10分美人健康法」というように人の興味を引くのが大切です。小さな工夫で大きな利益が見込めるメルマガタイトル、使ってみて損はないはずです。