スパムメールにならないように

店舗の宣伝や、自分が何かしらのビジネスをしている時にユーザーに対して定期的に送信するメールマガジンは、一歩間違えばスパムメールのようになってしまう恐れがあります。
中身がないメール、内容が低レベル、もしくは商品やサービスの宣伝をするばかりで読む気が起きないなど、メールマガジンが無意味どころか、逆にサービスや商品を利用したり購入することをためらわせるレベルになってしまってはせっかくの努力の水の泡になってしまいます。

内容は吟味する
メールマガジンは読んでくれる相手が居ることで成り立つものですから、まずは内容をしっかり吟味して、しっかり構成したものをおくることが大切です。
商品やサービスの宣伝が必ずしも悪手とは限りませんが、それを全く載せないメールマガジンというのも、次に繋がらないものです。
適度な宣伝を混ぜ込みつつ、そこに読者を引き込むようなちょっとしたエンターテインメント性のあるコンテンツを盛り込むのも大切です。

送信数を増やす時の問題
メルマガの送信数や送信頻度を増やす時にどうしても問題になるのが、一般的なフリーメールなどではすぐに送信数が上限に達してしまったり、あるいは機能が限定されていて使い勝手が良くないということ。
これらを解決するには、メルマガ送信業者の利用も視野に入れておくと良いかもしれません。
それにより、より広い読者層を獲得して、宣伝効果などを向上させることも出来るかもしれません。