メールマガジンの普及

近年では誰もが携帯電話を持っていて当たり前の時代です。最近ではほとんどの人がスマートフォンを持っていて当然のような社会になってきました。つまりは、情報をいつでも得ることのできる端末を常に持ち歩いているということです。そのような時代であるがために、広告媒体もメールマガジンなどで送るということも多いでしょう。会員制のサイトに登録したらそこのサイトのメールマガジンが定期的に届くということはごくごく当たり前のことです。今ではほとんどの会員制サイトではメールマガジンがあります。ゆえに、人によっては携帯電話にメールマガジンが1日に何十件と来ることもないわけではありません。もちろんメールマガジンは迷惑メールのようなものではないのですが、人によっては一口に「うっとうしい」とおもい迷惑メールのフォルダに入れてしまうことも多いかと思います。メールマガジンが普及しすぎた弊害ともいえるでしょう。

読んでもらえる文章を

メールマガジンを送る以上、できれば中身を読んでもらいたいですよね。ただ送るだけでは意味がありません。送ったうえで、ある程度興味をひきつけなければ広告としての意味はありません。読んでもらえる中身を考えることが大事です。そのために気を付けなければいけないのは、「メールマガジンの件名」、「内容の文章量」、「画像などの添付」です。メールを見るにあたって、まず確実に見るのはそのメールの差出人と件名です。この2つは必ず表示されます。差出人はまだしも、件名である程度の興味を惹かれるものを書いておかないとメールを開いてすらもらえないでしょう。「内容の文章量」については、メールを開いたときに、特に知り合いでもないような所から長文のメールが送られてきても読む気になりませんよね。なので中身の文章量はきっちり重要なことのみのまとめてすっきりさせるほうがいいです。そして重要なのは「画像の添付」です。広告などの画像や、おおきく「10%引き!」などと書いてあったら「何がだろう?」と興味を引きますよね。印象を強く与える要素が必要なのです。

メールマガジンのありかた

メールマガジンは不特定多数の人に一斉送信される場合が多いです。ですがその先には必ず読み手がいます。読み手のことを意識した文章や、魅せ方を考えられているメールマガジンが特に効果を発揮します。ただ送るだけのメールマガジンであれば、迷惑メールやスパムメールと変わりはありません。しっかりと人に届ける文章や内容を意識したメール配信を行えると、結果にも結びついてくることでしょう。