メルマガの普及

近年では携帯電話、主にスマートフォンやiPhoneが普及しています。特にメールやLINEなど、そういった簡単に短い文章で意思疎通ができるようになるというのは非常に便利なものです。そんな中で、広告媒体もそれに付随するようになりました。「メールマガジン」という名前のものです。これは、メールの文章を持って、情報提供や広告文などを送るマーケティングの手法です。飲食店などのサービス業であればほぼほぼ確実に行っている戦略でもあります。こういったメールマガジンは非常に多いです。定期購入をするものは少なく、ほとんどのものが無料で配信されているために、多い方であれば一日に何十通とメールが来るという方も少なくはないでしょう。そこで考えてみてください。メールが一日に何十通も来た時にその中のいくつが印象に残るでしょうか。メールマガジンはただ送ればいいというわけではありません。印象に残らなければ意味がないのです。

メルマガの印象

メールマガジンは広告文が多く掲載されます。その広告の印象を付けるためにもまずは画像などを添付することがじゅうようです。画像であったり、ホームページへのリンクを貼ったり、広告バナーを張り付けたりしてもいいでしょう。そして、印象に残る文章を記載することも大事です。ここで気を付けなくてはいけないのは読む側の気持ちになって考えることでしょう。読み手は基本的に興味が無いものは飛ばしてしまったりして、まともに文章を読まないという考え方でいくほうが良いかと思います。なので、むやみに文章量を詰め込もうとするのではなく、文章の量は少なめに、そして短文で印象に残すのだという意識が大きく必要になってくるかと思います。

効果的な配信

メルマガは配信する内容もそうですが、可能であれば配信する時間帯も気にしてもいいかと思います。例えば、社会人や仕事を行っている方をターゲットのするのであれば、お昼時の休憩時間を狙う、学生などの若い層を狙うなら、授業終了頃である16時あたりを狙って配信すると効果的にもなるかと思います。基本的にはその時に携帯を触っているであろう時間帯に送ることが良いのではないかと思います。業種によって様々ではありましょうが、時間帯や客層を意識することもマーケティング戦略としては行っていくべき方法であることも間違いないです。様々な方法をとりながら、よりよいメールマガジンの配信をおこないましょう。